未経験でも2ヶ月で取得!効率的なCCNPの勉強方法を紹介!

本記事では私の実体験を踏まえてCCNPの試験範囲や効率的な勉強方法をご紹介させて頂きます。

CCNPはネットワークエンジニアとして一人前として評価される資格の1つでもあります。
CCNPを取得したいとお考えのネットワークエンジニアの方はぜひご覧ください!

CCNP試験とは


では、まず最初に「CCNP試験」について紹介いたします。
※勉強方法のみ興味がある方は「CCNPの効率的な勉強方法」をクリックして下さい。


CCNP(Cisco Certified Network Professional)とはネットワーク機器の最王手メーカーであるシスコシステムズ社が主催するネットワークエンジニアの知識・技能を認定する試験の1つです。


そのシスコ技術者認定の中でもCCNPは中級(プロフェッショナル)レベルの試験であり、「ネットワークのプロになりたい!」「ネットワークエンジニアとして成長したい!」と考えている人にオススメの試験です。

ポイント
法人向けネットワークの設計・構築業務を担当する場合、CCNPレベルのネットワーク技術が必要になるケースが多いです。実業務にも活かす事が出来る資格なので、ネットワークエンジニアの方であれば取得する事を推奨します!

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>>参考記事: CCNP受験者 必見!CCNPを取得するメリットを解説!



本記事では一番人気で知名度が高い「CCNP Enterprise」について紹介いたします。

CCNP Enterpriseとは

CCNP Enterprise試験とは、
CCNPの中でもルーティング・スイッチングに特化した試験です。

CCNP Enterpriseを取得するには「コア試験」と各専門分野に特化した試験「コンセントレーション試験」に合格する必要がございます。
「コア試験」「コンセントレーション試験」に関する記事は以下に纏めておりますので、気になる方はご覧ください!

▼ オススメの記事 ▼

>>参考記事: CCNPが大幅改定!CCNP R&SとCCNP Enterpriseとの違い!

CCNP Enterpriseの難易度

シスコ技術者認定の中でも中級(プロフェッショナル)レベルの試験と言われております。
※CCNAと比較すると格段に難易度が向上しますので、戦略的に勉強を進める必要がございます。

CCNPの効率的な勉強方法


では「CCNP試験の勉強方法」について紹介いたします。


私は以下の①〜③の順序で勉強を進めました。

▼CCNP Routing and Switchingの勉強方法▼

  1. 徹底攻略Cisco CCNP(教科書)ににてネットワーク知識・技術のキャッチアップ
  2. 徹底攻略Cisco CCNP(問題集)にて問題を繰り返し解く
  3. GNS3を用いて設定方法と正常性確認方法を理解





上記の通り、私はCCNPの教科書にてCCNP合格に必要なネットワーク知識・技術を身につけた後、CCNPの問題集の問題を解き、ほぼ100%正解出来るようになるまで繰り返し問題を解き続けました。


具体的には参考書に記載されている問題の正解を覚えるだけではなく、「なぜこの選択肢が正解なのか?」「なぜ他の選択肢が不正解なのか?」という観点を意識し勉強する事をお勧めします。
特にCCNAと比較すると各ルーティングプロトコルに関する深い知識を身につける必要がございます。1つ1つしっかり理解しながら勉強を進めましょう!


その後、一通りGNS3を用いて設定方法と正常性確認方法を把握し、CCNP合格圏内にネットワークのスキルレベルを引き上げました。
CCNPはシミュレーション問題(実際にネットワークコマンドを投入し、要件通りのネットワークを構築する問題)がある為、GNS3というNW機器をPC上で動作させる事が出来るソフトウェアを利用し検証作業を実施いたしました。
今はGNS3以外にもたくさんのソフトウェアがありますので、一度試して見ることをオススメします。
CCNPではシミュレーション問題の配点が高いので、対策は必須です。



※上記は旧CCNPを取得時の勉強方法となりますので勉強方法として参考にして頂ければと思います。
尚、新CCNPに対応している参考書はこちらです!


上記参考書に関する記事は以下に纏めておりますので、興味のある方はご覧ください!



また、現時点では日本語の参考書が発売されていない為、新旧で試験範囲が重複している箇所は旧参考書で勉強する選択肢もありだと思います。
旧参考書は以下に纏めておりますので、興味のある方はご覧ください!

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>> 参考記事:CCNPを目指している人必見!CCNP合格にオススメな参考書

CCNPの試験情報


では最後に「CCNP試験の申し込み方法や試験方式」について紹介します。
これから受験される方は参考にして下さい!

試験申し込み方法

ピアソンで試験の申し込みをする必要がございます。

試験方式/試験時間

試験センターでのオンライン試験 選択式(90分)です。

受験料

ROUTE・SWITCH・TSHOOT 各¥33,600(+税)です。

合格基準

1000点満点中の800点~900点の間だと言われております。

※即時合否を確認出来ます。

本試験の最低点が300点ですので、実質75%程度正解すれば合格可能です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。


CCNPを取得するとネットワークエンジニアとしてのレベルも1つ上がりますし、転職にも有利になります。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

また、CCNPの上位資格に「CCIE」という資格がございます。
CCNPと比較すると格段に難易度は高いですが、より高度なネットワーク技術を身につける事が可能です。
興味がある方は以下の記事もご覧下さい!

▼ あなたにオススメな記事 ▼