CCNP受験者 必見!CCNPを取得するメリットを解説!

CCNPを目指されている方で、
以下のような事で悩まれている人も多いのではないでしょうか?

悩んでいる人

・CCNPを取得するメリットってあるのか?

本記事ではCCNPホルダーの筆者の実体験に基づき、CCNP取得後のメリットを解説していきます。

CCNPを取得するメリット


早速ですが、CCNPを取得した際のメリットを紹介いたします。

筆者が考えるCCNPを取得するメリットは以下の4点です。

▼CCNP取得するメリット▼

  1. 実業務で必要とされるネットワーク技術を身につける事が出来る
  2. キャリアアップ転職にチャレンジ出来る
  3. 会社次第では報奨金や資格手当が出る



では上記①〜③についてそれぞれを解説いたします。

CCNP メリット① 実業務で必要とされるネットワーク技術を身につける事が出来る


メリットの1つ目は実業務で必要とされるネットワーク技術を身につける事が出来る点です。


CCNPではスイッチングやルーティングプロトコル、セキュリティ、各種IOS機能など幅広いネットワーク技術を体系的に学習する事が可能です。
従いまして、CCNPの勉強を通じて業務遂行レベルのネットワーク知識・技術を身につける事が可能です。


ネットワークの設計・構築を担当しているエンジニアであればCCNPの勉強は非常に有益なので、是非チャレンジしてみて下さい!

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>>参考記事: 未経験でも2ヶ月で取得!効率的なCCNPの勉強方法を紹介!
>>参考記事: CCNPが改定!CCNP R&SとCCNP Enterpriseとの違い!

CCNP メリット② キャリアアップ転職にチャレンジ出来る


メリットの2つ目はキャリアアップ転職にチャレンジ出来る点です。


実は私は20代前半にネットワークエンジニアとして未経験にも関わらず、
CCNPが評価され「大手通信プロバイダー」へ転職する事が出来ました。



前述はあくまで私の例ですが、
私の友人もCCNPが評価され好条件でフリーランス案件を獲得出来ておりました。


ネットワークエンジニアとして1人前として認められる資格なので、転職や条件交渉を優位に進める事が出来ます。

CCNP メリット③ 会社次第では報奨金や資格手当が出る


メリットの3つ目は会社次第では報奨金や資格手当が出る点です。


こればかりは会社の福利厚生に依存しますが、
CCNPはネットワークエンジニアにとって業務に直結する資格である為、
報奨金や資格手当、試験代補助が出る傾向がございます。
※私が所属していた会社では試験代が全額出ました。

上記の通り、報奨金や資格手当目当てでCCNPを取得するのも良いですが、
CCNPはネットワークエンジニアにとって非常に有益な資格試験ですので、
是非チャレンジしてみて下さい。

ポイント
ネットワークエンジニアのプロとして生きたいのであれば、CCNPの上位資格であるCCIEを目指す事をオススメします!
ただし、CCIEの取得は非常に大変なのでチャレンジするかは以下の記事で判断してみて下さい!

まとめ

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

本記事で紹介した通り、CCNPを取得するメリットは非常に大きいです。
ネットワークエンジニアとしてのキャリアを歩みたいのであれば、
CCNPにチャレンジしてみて下さい!!

▼ あなたにオススメな記事 ▼