業務経験1年でもCCIEに合格出来た勉強戦略

以下のようなお悩みを抱えていないでしょうか?

悩んでいる人

・ CCIEにチャレンジしようか悩んでいる・・・
・ CCIEを効率的に勉強を進めたい・・




本記事をご覧頂いている方はご存知の通り、CCIEはとても難しい資格です。
もちろん、簡単には取れる試験ではありません。


だからこそ市場価値の高い試験であり、多くの企業で評価される試験でもございます。
(ネットワークエンジニアであれば、誰もが認める試験ですね!)


しかし、難易度が高く試験範囲も広大の事から、
計画や戦略を立てずに勉強するのは非常に危険であり何より非効率です。


本記事ではネットワークエンジニアとしての業務経験がたった1年でも「CCIE」に合格出来た、勉強戦略をご紹介させて頂きます。


解決者

この記事は以下のような方にオススメです!
● CCIEにチャレンジすべきか悩んでいる人
● CCIEにチャレンジしたい人
● 勉強戦略や心構えを知りたい人




※本記事では「第1章:CCIEの勉強を開始する前にした事」と「第2章:CCIE合格に向けた勉強戦略と勉強方法」の2部構成で紹介いたします。
スキップされたい方は上記リンクをクリックして下さい。

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>>参考記事: CCIEが語る!ネットワークエンジニアにオススメな本・参考書!

CCIEの勉強を開始する前にした事

まずは「CCIEの勉強を開始する前にした事」について紹介いたします。
※本章は非常に重要な章なので、最後までお読み頂けると嬉しいです。


早速ですが、皆様に1つ質問がございます。


「CCIEの合格に必要な勉強時間はどのくらいだと思いますか?」



もちろん、受験者の経験値やスキルによって異なると思いますが、
一般的には1000時間以上の勉強時間が必要とされる試験です。


ご参考までに、私は計1500時間/1年半ぐらいかかっております。
1500時間もあれば、色んな事が出来ますよね!!


つまり、CCIEでは1000時間以上の勉強時間が必要になるほど、範囲が広く&深い技術力が求められる試験なのです。


そのような試験の特徴から、後先考えずに闇雲にCCIEの勉強を開始してしまうと、勉強時間だけがダラダラを長引いてしまい後々後悔する可能性が高いです。
本気でCCIEに合格したいのであれば計画的に勉強時間を作り、戦略的かつ効率的に勉強を進める必要がございます。


また、本格的にCCIEの勉強を開始する前に最後まで諦めずにCCIEに挑む!」という決意を固める事が非常に重要です。


なぜなら、皆さんが想像している以上に「途中で諦めてしまう人が非常に多い」からです。


具体的には私は友人(5人)と一緒にCCIEへチャレンジしていたのですが、数百時間の勉強した後に全員CCIEを諦めてしまいました。


理由としては、
・ 仕事が多忙で勉強時間を確保出来なかった
・ 試験範囲があまりに広範囲で、終わりのないフルマラソンのような感じで辛かった
・ 家族と揉めてしまった
などでした。


中には仕方ない理由もございますが、
ここで伝えたい事はCCIE受験前に「受験するのを辞めるか」「最後まで諦めずやり切るか」どちらかを決断した方が良いという事です。


上記の通り、CCIEの勉強は非常に大変なので途中で諦めてしまうと大きな挫折感が残ってしまう試験でもあります。


では、以下にて私が「CCIEの勉強を開始する前にした事」の詳細について紹介します。
まずはこちらをご覧頂いて、あなたも「CCIEにチャレンジするべきか」考えてみて下さい!

【勉強前にした事 その1】CCIEという試験を知る


当たり前の話ですが、最初に「CCIEという試験の理解」に努めました。


何事もそうですが、まずは「敵を知る事(ここではCCIEを知る事)」が重要です。


具体的にはCCIEは、

  • 「筆記試験」と「ラボ試験」の2つ単位に合格する必要がある事
  • 試験範囲が広範囲で細かい知識が問われる事
    (暗記ではなく各技術の細かい仕様の理解が不可欠)
  • 必要な勉強時間が1000時間以上必要になる事
    (人によっては2000時間以上かかっている人もいる)
  • 問題文が全て英語である事(参考書も全て英語)
  • 実業務で触れた事のない技術が含まれている事(MPLS, Multicast等)

などを認識しました。

ポイント
当サイト以外にもCCIE関連のサイトはたくさんございます。
CCIEフォルダーのサイトを複数チェックし、CCIEに関して情報収集してみて下さい!



また、CCIEの難易度に関する記事は以下に纏めておりますので、ご興味のある方はご覧ください!

【勉強前にした事 その2】決意を決める


次に実施した事は「CCIEを取得する!」と決意を決める事です。


上記の通り、CCIEは最低でも約1年間の勉強が必要となる試験であり、内容も非常に難しいです。


その為、勉強を進めていくと

悩んでいる人

・ 自分は本当に合格出来るだろうか?
・ 勉強も辛いしCCIEの勉強をやめようかな・・


と思い悩む事も多くございます。


しかし、CCIEに合格する為には、これらの気持ちを押し殺して勉強を進める必要がございます。


本記事の後半でも説明しますが、CCIEの勉強は長期化するほど合格が難しくなります。
やはり最初の方に学習した内容は忘れてしまいますので・・・・


上記を踏まえて、
途中で諦めて挫折感を残さない為にも「必ず合格するまで諦めない!」という揺ぎない信念を、勉強前に決意しましょう!

ポイント
「必ず合格するまで諦めない!」という信念を持ち続ける為にも、CCIEへチャレンジする理由を明確にしておく事をオススメします。


理由は何でも良いです。(人ぞれぞれ異なると思います!)
例えば「高給料な企業へ転職する為にCCIEを取得する!」など


絶対に達成したい目標があれば、最後まで諦めずCCIEの勉強を続ける事が出来る可能性が高まります。
※絶対に達成したい目標を叶える為の手段として「CCIEを取る!」を意気込みましょう。


CCIEへチャレンジする理由は人それぞれだと思います。
CCIEの勉強を開始する前に必ず考えておきましょう!



ご参考までにCCIE取得後の年収UP、取得時のメリット/デメリットに関する実体験の記事を以下に纏めておりますので、ご興味があればご覧ください。

【勉強前にした事 その3】周囲の人に公言する


次に私が実施した事は「いつまでにCCIEを取得すると周囲の人に公言する」事です。


周囲の人に公言した理由は、実はシンプルです。


それは周囲へ公言すると途中で簡単には逃げられなるからです。


特に私のように「会社からの指示ではなく自己啓発でCCIEへチャレンジする」人は、自分の意思だけで簡単にCCIEを諦める事が出来てしまいます。


戦略的に自分を追い込む為にも「周囲の人に公言する」事は良い方法の1つです!

【勉強前にした事 その4】現在の自分の実力を把握する


最後に私が実施した事は「現時点の自分の能力を把握する」という点です。


当然の事ながらCCIEを取得するには「今の自分の能力」をCCIEに合格出来るレベルまで引き上げる必要がございます。


従って、まずは現時点の自分の能力をしっかりと把握する事が重要です。
そして、どのような方法でCCIEの合格圏レベルに知識・技術を向上されるかを検討する必要がございます。



例えば、英語が出来ない方はCCIEの問題文を理解出来るレベルまで英語の読解能力を身につける必要がございます。
また、CCNA・CCNPレベルのネットワーク基礎を理解していないのであれば、復習する必要があるでしょう。


逆に英語の読解能力が高くがあり、CCNA・CCNPレベルの基礎力がある方は、CCIEで初めて勉強するMPLSやマルチキャストを中心に勉強する事が可能です。

ここまで踏まえてCCIEにチャレンジするか考える


ここまでお読み頂いた皆様は、ぜひ以下の点を真剣に考えてみて下さい。


「なぜCCIEを取得したいか?」
「ここまでして本当にCCIEを取得したいか?」



私はCCIEにチャレンジしないという選択も立派な決断の1つだと思います。
※CCIEを持っている私が言うのも変な話ですが・・・


なぜなら、CCIEという試験は約1年間勉強し続ける必要があり、あなたの人生時間を少なからず犠牲にする必要があるからです。
時には家族との時間が減ってしまったり、趣味の時間を削減しないといけない場合もございます。


それでもあなたはCCIEを取得したいでしょうか?
今一度考えてみて下さい。


また、あなたの今後のキャリアプラン次第ではCCIEではなく、他の勉強に力を入れた方が良いケースもございます。


当たり前の話ですが、時間は有限で限りがあるものです。
あなたの時間をCCIEに投資すべきか真剣に考えましょう。


時間の重要性に関する記事は以下に纏めておりますので、ご興味のある方はご覧ください。



何れにしても、本格的にCCIEの勉強を開始してしまうと、後戻りしづらくなります。


CCIEにチャレンジするかを真剣に検討される事をオススメします。


もし、ここまでお読み頂き「CCIEにチャレンジする」という決意をお持ちであれば、次にステップの話を紹介させて頂きます。
次章では「CCIE合格に向けた勉強戦略」について紹介します。

CCIE合格に向けた勉強戦略と勉強方法

では、本章ではCCIE合格に向けた勉強戦略について順番に解説いたします。


大きく以下3点に分けて解説いたします。

▼CCIE合格に向けた勉強戦略▼

  1. 試験範囲を把握する
  2. 勉強方法を検討する
  3. 勉強スケジュールを策定する

試験範囲の把握


まず最初に実施した事は「試験範囲を把握する」事です。


本記事で何度もお伝えしているとおり、CCIEの試験範囲は想像以上に広いです。
その為、どこまでCCIE試験に含まれるか把握する事が何より重要です。


試験範囲以外の勉強してもCCIEには合格出来ないので、
試験範囲になっているネットワーク技術をしっかりと認識し、そのネットワーク技術をどのレベルまで理解する必要があるか把握しましょう!


モチベーションの高いエンジニアの方の中には、
「ネットワークエンジニアとして知見を広げる為にも試験範囲に関わらず勉強すべきでは?」
そういった疑問もあると思います。


もちろん、知見を広げる事は重要です。
しかし、もしあなたが「CCIEを本気で取得したい!」を考えているのであれば「試験範囲」に集中しましょう。


その他、知見を広げるのはCCIE取得後でも遅くありません。

ポイント
CCIEの試験範囲はCisco社のHPに公開されているBlueprintで確認しましょう!
※2020/12 新試験用のリンクに変更しました。

>>Cisco公式HP(筆記試験):「350-401 ENCOR Blueprint
>>Cisco公式HP(ラボ試験):「 CCIE Enterprise Infrastructure Blueprint

勉強方法を検討


次に試験範囲になっているネットワーク技術をどのような方法で勉強するか(合格レベルまで知識・技術を引き上げるか)検討いたしました。


CCIEでは「筆記試験(Written)」「ラボ試験(Lab)」の2つの試験に分かれており、求められている事も異なる為、分けて記載しました。

筆記試験(Written)の勉強方法の検討

CCIEの筆記試験は実機での操作能力は求められない為、参考書をベースに勉強いたしました。


詳細は以下の記事で纏めておりますので、興味のある方はご覧ください!
※新試験のCCIEの筆記試験はCCNPの試験単位(ENCOR)と同一の試験に変わっております。
旧CCIEと新CCIEが気になる方は「CCIEが改定!CCIE R&SとCCIE Enterpriseとの違い!」をご覧下さい。
▼CCIE 筆記試験(ENCOR)の具体的な勉強方法はコチラ!▼


▼CCIE 筆記試験(ENCOR)の参考書はコチラ!▼

▼CCIEで求められる英語の勉強方法はコチラ!▼

ラボ試験(Lab)の勉強方法の検討

CCIEのラボ試験は実機でのネットワーク構築能力・トラブルシューティング能力が求められます。


つまり、CCNAやCCNPのような暗記では合格する事が出来ません。


その為、参考書とCisco公式のドキュメント(CCO)の「Configuration Guide」「Command Reference」をベースに勉強を進めました。


詳細は以下の記事で纏めておりますので、興味のある方はご覧ください!
▼CCIE ラボ試験(Lab)の具体的な勉強方法はコチラ!▼


▼CCIEのオススメな参考書はコチラ!▼

勉強スケジュールの策定


最後に勉強スケジュールを策定しました。


具体的にはいつまでにCCIEに取得したいか「ターゲット日」を明確に定め、それまでに合格可能なレベルに底上げが出来るようにスケジュールを策定いたしました。


特にCCIEの場合は試験範囲が広いので、勉強開始前からしっかりと勉強スケジュールを決めておく事が重要です。
Blueprintをベースに「各ネットワーク技術の検証をいつまでに完了する必要があるのか?」を明確にし勉強を進めましょう。
※出来ればエクセルなどでまとめて管理しましょう!


また、ただ勉強スケジュールを策定するのではなく、予定通り勉強が進んでいるか定期的に振り返り、必要に応じて更新する事も重要です。
会社の都合や家族のイベント等で勉強時間が確保出来なかった事も踏まえて、余裕を持ったスケジュールを組みましょう!

ポイント
CCIEは短期勝負する事が鉄則です。
出来るだけ2年以内で取得出来るように計画しましょう!

なぜなら、勉強期間があまりにも延びてしまうと、最初に勉強した内容を忘れてしまうからです。
長期間化すると復習量も増えてしまい、非常に非効率です。
※それらの理由からスケジュールの進捗管理も非常に重要です。

また、必要に応じて復習をしながら知識の定着を図りましょう!

参考:私がCCIE取得までのスケジュール

こちらは参考程度の情報でございます。


私はCCIE LABに合格するまで、勉強時間は約1800時間、15ヶ月かかりました。
※この15ヶ月間は「平日:3時間/休日:8時間」はCCIEの勉強に確保しました。


仕事が忙しく平日の帰宅時間は24時を超えてしまう事が多かった為、早朝の時間/通勤時間/昼食時間などのスキマ時間を活用し、勉強時間に確保しておりました。
皆さんも隙間時間を活用してみてはいかがでしょうか?

▼私のCCIE合格までのスケジュール▼
1ヶ月〜3ヶ月目:CCIE 筆記試験(Written)/CCIE 筆記試験 受験 ※合格
※以降、CCIE LAB対策
4ヶ月目:Layer 2 Technologies
5ヶ月〜6ヶ月目:Layer 3 Technologies
7ヶ月〜8ヶ月目:VPN Technologies
9ヶ月目:Infrastructure Security & Infrastructure Services
10ヶ月目:CCIE LAB試験(1回目) ※不合格
11ヶ月〜12ヶ月目:Fullラボ対策 & ラボ範囲の復習
13ヶ月目:CCIE LAB試験(2回目) ※不合格
14ヶ月目:Fullラボ対策 & ラボ範囲の復習
15ヶ月目:CCIE LAB試験(3回目) ※合格

※ネットワークエンジニアとしてのキャリアが長い人は、もう少し集約できる可能性がございます。

▼ オススメな記事 ▼

>>参考記事: 【体験記】CCIEを受験される方必見!CCIE (1回目)の受験記

まとめ


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


CCIEは長期間の勉強時間を要する試験である為、勉強開始前の「勉強戦略」が非常に重要です。


何も考えずに勉強を開始してしまうと、勉強時間が想定より伸びてしまったり途中で諦めて挫折感のみが残ってしまう危険性がある試験です。
勉強開始前のCCIEという試験を理解し計画的に勉強する事を意識しましょう!

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>> 新CCIEの情報はこちら!


>> 新しいスキルを身に付けたい人はこちら!