初心者でも合格可能!CCNAの効率的な勉強方法を紹介!

本記事では私の実体験を踏まえてCCNAの試験範囲や効率的な勉強方法をご紹介させて頂きます。

CCNAを取得したいとお考えのネットワークエンジニアの方はぜひご覧ください!

ポイント
CCNAを取得すると、「この人はネットワークエンジニアになる為、ネットワークの勉強を頑張ったんだな」と一定の評価をして頂ける企業が多いです!
特に未経験からネットワークエンジニアになりたい人は「CCNA」を取得していると、非常に評価が高くなりますので本記事を読んで頑張ってみて下さい!

CCNA試験とは

CCNA(Cisco Certified Network Associate)とはネットワーク機器の最王手メーカーであるシスコシステムズ社が主催するネットワークエンジニアの知識・技能を認定する試験の1つです。

そのシスコ技術者認定の中でもCCNAは初級レベルの試験であり、「これからネットワークエンジニアになりたい!」「ネットワークエンジニアとして成長したい!」と考えている人にオススメの試験です。

CCNAの試験内容

ではCCNAの試験内容について紹介いたします。
ネットワーク機器(ルータ・スイッチ等)の知識やルーティング・スイッチングの知識・技術に関する内容がメインです。

具体的には以下のような知識が問われます。

▼CCNAで求められる知識・技術▼

  1. ネットワーク基礎(各NW機器の役割/機能、IPアドレス全般、ネットワークトポロジの特徴など)
  2. ネットワークアクセス(VLAN、L2ポート、STP、WLAN、AP/WLCなど)
  3. IPコネクティビティ(ルーティング基礎、StaticRoute、OSPFなど)
  4. IPサービス(NAT、DHCP、QoS、TFTP/FTP、SSH SNMP、DNSなど)
  5. セキュリティ(セキュリティ基礎、サイト間VPNの知識、ACL、L2セキュリティ、無線セキュリティなど)
  6. 自動化とプログラマビリティ(DNA Center、JSON、RSETベースAPI、構成管理ツールなど)



上記の通り、自動化に関する知識が問われるようになっております!
今後はネットワークエンジニアにもプログラミング能力が必要になる事が分かりますね!

▼ オススメの記事 ▼

>>参考記事: CCNAが改定!旧CCNA試験と新CCNA試験との違いを解説!

CCNAの難易度

シスコ技術者認定の中でも初級レベルの試験です。

CCNAは初級レベルではございますが、ネットワーク初心者の人にはかなりハードルが高い資格です。

CCNAの勉強方法

では勉強方法についてご紹介させて頂きます。

勉強期間

1ヶ月程度

▼ オススメの記事 ▼

>>参考記事: CCNA 200-301 Official Cert Guide(CCNA 新試験対応 参考書)

具体的な勉強方法

私は参考書をベースに勉強いたしました。
以下の参考書はCCNA試験に特化した問題集であり解説が非常に詳しい為非常にオススメな参考書の1つです。
特にCCNAではルータ・スイッチの設定能力が必要になる為、各コマンドの設定方法なども解説されており、オススメです。




また、CCNAはシミュレーション問題(実際にネットワークコマンドを投入し要件通りのネットワークを構築する問題)がある為、GNS3というNW機器をPC上で動作させる事が出来るソフトウェアを利用し検証作業を実施いたしました。

▼CCNAの勉強方法▼

  1. 参考書(1周目)は不明な単語を1つ1つ調べながらネットワーク知識・技術のキャッチアップ
  2. 参考書に記載されている各種ネットワーク技術について、GNS3で検証する
  3. 参考書(2周目)はなぜこの選択肢が正解なのか?」「なぜ他の選択肢が不正解なのか?」を意識しながら問題を解く
  4. 参考書(3周目〜)は全問正解出来るまで繰り返し解く

ポイント
CCNAの勉強過程でネットワークエンジニアとして必要なネットワークの基本知識を身につける事が可能です。
ネットワークの基礎固めをする為にも、時間をかけても「分からない事を分からないままにしない事、曖昧にしない事」が非常に重要です。

CCNA試験情報

最後にCCNAの試験関連の情報を以下に纏めております。
これから受験される方は参考にして下さい!

試験申し込み方法

ピアソンで試験の申し込みをする必要がございます。

試験方式/試験時間

試験センターでのオンライン試験 選択式(90分)です。

合格基準

1000点満点中の800点~900点の間だと言われております。

※即時合否を確認出来ます。

本試験の最低点が300点ですので、実質75%程度正解すれば合格可能です。

CCNAを合格した方へ

CCNAの上位資格に「CCNP」という資格がございます。

CCNPの難易度は高いですがネットワーク技術をより深く学ぶ事が出来、転職にも有利な資格です。


ポイント
法人向けネットワークの設計・構築業務を担当する場合、CCNPレベルのネットワーク技術が必要になるケースが多いです。
※私はCCIEを保持しておりますが、通常の設計業務ではCCNPレベルで十分です!

CCNPに関する勉強方法など興味がある方は、以下の記事を見てみて下さい。


CCNPを取得したい方はコチラ!
CCNPに関する記事を以下に纏めておりますので、ご興味のある方はご覧ください!。