CCIEを受ける人必見!英語の対策と英語の勉強方法はこれで決まり!

CCIEにチャレンジしようと考えている方の中には、


悩んでいる人

・CCIE試験にチャレンジしたいが英語がネックになっている
・CCIE試験で必要とされる最低限の英語能力を身に付けたい


と、悩まれている方も多いのではないでしょうか?


CCIE試験では問題文が全て英語であり日本語の教材も少ない為、
最低限の英語力が必要とされるのも事実です。
しかし、CCIE試験で求められる英語力は努力すれば、身に付けることが可能です。


本記事ではCCIEに求められる英語のレベルと
CCIE試験で求められる効率的なの英語力の身に付け方についてご紹介させて頂きます。
※お恥ずかしい話ですが、筆者は元々TOEIC300点台で英語が大嫌いでした。
そんな筆者でも最終的にCCIEに合格できましたので、自信を持って紹介出来る英語の勉強方法です。

CCIE試験で必要とされる英語能力とは


まず最初に「CCIE試験で必要とされる英語能力」について紹介いたします。


結論から申し上げると、
CCIE試験に求められている英語力は、
Cisco社の独特な英語のリーティング(Reading)能力」のみを身につければ、CCIEの受験には支障はありません。



具体的にはCisco社の技術ドキュメントや試験問題の英語が理解出来れば問題ないのです。
つまり、英語のスピーキング能力やライティング能力、リスニング能力は不要です。
※当日の身分証明書確認と設備説明を英語で受ける事になりますが、
面接官の人はゆっくり話してくれますし、周りの受験者の反応で何となく言っている事が分かると思います。


また、求められるリーティング能力について少し深掘りしますと、
CCIE試験に求められるリーティング能力は英新聞を読むような高いリーティング能力が必要とされるのではなく、
ある程度決まった単語で構成されているCisco社のドキュメントが読めれば問題ないです。


上記を踏まえ私が一番伝えたい事は、
英語が出来ないという理由だけでCCIEを諦めるのは非常にも勿体無い」という事です。


ポジティブに考えると、
英語を勉強できる良い機会なのでぜひCCIEにチャレンジして欲しいという事です。

※ネットワークに関わらずITの技術書の第一発信元は英文で記載されている事が多いです。
CCIEの勉強中に身についたリーティング能力は、今後エンジニアとして生きていく上でも大きなアドバンテージになります。


では、次章では「CCIE試験に合格出来る英語能力の身に付け方」について紹介いたします。

CCIE試験に合格出来る英語能力の身に付け方


次に元々TOEIC300点台だった筆者がどのようにリーティング能力を身に付けたのか、
CCIE試験に合格出来る英語能力の身に付け方」について紹介いたします。

結論から申し上げると、
筆者は以下2ステップを踏み、CCIE試験に合格出来る英語能力は身に付けました。
CCIE試験に求められるリーティング能力は以下の順序で勉強すれば身につきます。
ぜひ実践してみて下さい。

▼CCIEで求められる英語力の身に付け方▼

  1. Udemyの英語オンライン動画「英語が苦手な方のための英文法」・英語書籍「総合英語 Evergreen」で英語の基本的な文法を理解する
  2. Cisco社の公式ドキュメントを読み進め、分からない単語を調べていく
    ※リーティング能力はCCIEの勉強を進めながら身に付ける



では上記①〜②についてそれぞれを解説いたします。

ステップ① 英語の基本的な文法を理解する

1つ目のステップは英語の文法を理解するです。


基本文法を理解する理由は「効率よくリーティング力を向上させる為」です。


英語には予め決まった「型(文法)」があり、その「型」通りに英文が構成されております。
また「型」毎に決まった翻訳方法があります。
つまり英語の基本的な文法を理解した方が、効率的に英文を読解する事が出来るようになります。

※CCIEに合格する為には数百〜数千のCisco社の英語ドキュメントに目を通す必要があり、
効率的に英文を読解する能力があった方が確実に有利です。
(英文法の知識があった方が絶対に良いです。)


私のように英語が苦手な人は最初はキツイかもしれませんが、
多くの英語ドキュメントを読み進めていると自然とリーティング力を身につける事が可能です。

英語の基本的な文法の身に付け方

では、英語嫌いの筆者がどのような方法で文法を身につけたのか、具体的な方法を紹介します。

筆者は「Udemyの英語オンライン動画」と「英文法の教材」で基本的な英文法を身につけました。
では以下にて1つずつ紹介いたします。

その① Udemyの英語オンライン動画「英語が苦手のための英文法」

私は一番オススメする勉強法は「英語が苦手な方のための英文法」というUdemyの英語オンライン動画で勉強する方法です。


英語が苦手な方のための英文法」というオンライン動画では英語が苦手な人向けに中学〜高校で学習した基本的な英文法を噛み砕いで解説している英語のオンライン教材です。
※本オンライン動画は英語教材の中でもトップクラスの評価を受けており、何より英語の初心者にも分かりやすい教材です。
(Be動詞から不定詞、関係代名詞、仮定法など英語の基礎から応用文法まで勉強する事が可能です。)


元々筆者の英語力は非常に低かった(中学1年生レベル)だったのですが、
本オンライン動画で学習した事によりCCIE合格レベルまでリーティング力を向上させる事が出来ました。
間違いなく本動画で基本的な英文法力を身につけていなければ、CCIEに合格出来ていなかったと思います。


また、Udmeyの特徴として事前に動画をダウンロードしておけば通勤時間中にオフラインで勉強することが可能で、何より動画学習なので記憶へ定着しやすいのがメリットです。


英語が苦手な方・英語アレルギーのある方にはオススメのオンライン教材です。
※何本か無料のサンプル動画もUPされておりますので、興味のある方は見てみて下さい。

その② 参考:英文法の教材「総合英語 Evergreen」

筆者は教科書的な位置付けで「総合英語 Evergreen」を購入しました。

総合英語 Evergreen

本教材は中学〜高校の英文法を纏めた教材で、文法の解説書の参考書なのに表現が固くなく分かりやすいのが特徴です。難しい文法もわかりやすく解説してくれているので、中学英語も分からない人でも理解しながら進める事が可能です。



個人的には Udemyの英語オンライン動画「英語が苦手な方のための英文法」のみで問題ないと思いますが、この機会に英語もしっかり勉強したい方にはオススメの参考書です。

ステップ② Cisco社の公式ドキュメントを読み進めながら、分からない単語を調べていく

英文法の基本を学習された方は、
次のステップである単語力の向上「Cisco社の公式ドキュメントを読み進め、分からない単語を調べていく」です。


ここは重要なポイントなのですがCCIEで必要とされる単語は、
実際のCisco社の公式ドキュメントを読み進めながら分からない単語を調べていく方法が一番効率的です。
※CCIEでよく使われる単語はある程度決まっておりますので。



この時にぜひ実践して欲しい事は、
Udemyの英語オンライン動画「英語が苦手な方のための英文法」で学習した文法を意識しながら読み進める事です。


最初は違和感があると思いますが、
2ヶ月ぐらい続けていると文法を意識しなくても無意識に英文法を識別する事が出来るようになり、結果としてリーティング能力が向上します。

注意点
1点補足ですが、
単語力を伸ばす手段としてTOEICの単語帳などを購入しないようにしましょう。
CCIE合格に向けた英語力の取得という観点においては、非常に非効率です。


もしあなたがTOEICの点数を上げたいと考えているのであれば良いかもしれないですが、
CCIEの合格に注力したいのであれば実際にCiscoの公式ドキュメントで使われている単語を1つずつ理解する方が効率的です。
(Ciscoの公式ドキュメントが問題なく読めれば、CCIE試験の問題文も問題なく読解可能です。)



TOEICの点数向上を目指している方は以下の記事をご覧ください!

▼ あなたにオススメな記事 ▼

>>参考記事: 英語が苦手な方へ!TOEICを300点台から900点へ上げる勉強方法!

まとめ


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


CCIE試験で求められる英語力は努力すれば、身に付けることが可能です。


ネットワークエンジニアとしてのキャリアを歩みたいのであれば、
CCIEを取得する事が大きなアドバンテージになりますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

▼ あなたにオススメな記事 ▼