spanning-tree extend system-id(拡張システムID)とは?図解解説します!

本記事ではSTPの拡張システムID(spanning-tree extend system-id)について解説いたします。

▼ STPを復習されたい方へ ▼

>>参考記事: CCIEが語る!ネットワークエンジニアにオススメな本・参考書!

拡張システムID(spanning-tree extend system-id)とは


まずは「拡張システムID(spanning-tree extend system-id)」について解説いたします。


まず以下の図にて「通常時のブリッジID構成」と「拡張システムID 有効時のブリッジID 構成」を確認してみましょう。
STP 拡張システムID①

上記の通り拡張システムID(spanning-tree extend system-id)を有効化すると、元々ブリッジプライオリティとして利用されていたフィールド(16bit)が4bitに縮小し、代わりに「拡張システムID(12bit)」が加わっている事が確認出来ると思います。
※拡張システムID(12bit)はVLAN IDの値が挿入されます。

【補足】 拡張システムID有効時のブリッジプライオリティ値の制約

では、拡張システムID有効時の「ブリッジプライオリティ値の制約」について、解説いたします。


拡張システムIDを有効化するとブリッジプライオリティは先頭2bitでしか表現出来なくなりますので、ブリッジプライオリティは4096の倍数でしか設定する事ができなくなります。

▼ 拡張システムIDの有効化確認 ▼



▼ 例:拡張システムIDの有効化時に登録可能なブリッジプライオリティ値▼



では、次章にて拡張システムID値の確認方法について解説いたします。

拡張システムID(spanning-tree extend system-id)の確認コマンド


拡張システムIDの値は「show spanning-tree コマンドのBridge ID Priority(sys-id-ext)で確認する事が可能」です。


では、以下のサンプルを用いて詳細を解説いたします。


▼ 例: SW1のshow spanning-tree コマンドの結果 (VLAN5)▼



では、上記サンプルにて「拡張システムIDの値」を確認していきましょう!
まずは「Bridge ID Priority 32773 (priority 32768 sys-id-ext 5)」を注目してみて下さい。


本サンプルのスイッチではブリッジプライオリティが32768、VLAN IDは5で設定しております。
従いまして、拡張システムIDの値は5(VLAN IDと同値)になります。

STP 拡張システムID②

拡張システムID(spanning-tree extend system-id)の設定方法


では、最後に拡張システムIDの設定方法は以下の通りです。

拡張システムIDの有効化設定

【設定コマンド】
 SW(config)# spanning-tree extend system-id
※Cisco機器ではデフォルトで有効化されております。

拡張システムIDの無効化設定

【設定コマンド】
 SW(config)# no spanning-tree extend system-id
※機種により無効化できない場合がございます。無効化する際は事前に検証して頂く事をオススメします。

まとめ


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


その他STPに関する記事も以下に纏めておりますので、ご興味のある方はぜひご覧下さい。