Portfastの設定変更・正常性確認方法【動作検証】

本記事ではPortfastの設定変更についてご紹介させて頂きます。

復習されたい方はコチラ!
本記事はPortfastを理解されている前提の記事になっておりますので、Portfastに関して復習されたい人は以下の記事をご確認下さい。

【Portfast 検証】検証前提

設定要件及び検証ネットワークは以下の通りです。

設定要件

以下の要件に基づきPortfastの設定を実装する。

  • SW1のE0/0のみPortfastを有効化する事。

ネットワーク図

portfastの検証

【Portfast 検証】事前確認

検証前の各機器の設定内容及び各種ログは以下の通りです。

SW1設定確認

以下の通り、事前の設定値を確認します。

SW1#show running-config interface e0/0

interface Ethernet0/0
 switchport access vlan 5
 switchport mode access

SW1#show spanning-tree vlan 5 | begin Interface
Interface           Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
——————- —- — ——— ——– ——————————–
Et0/0               Desg FWD 100       128.1    Shr <—STPで動いている事を意味する

SW1#show spanning-tree interface e0/0 detail | include BPDU
   BPDU: sent 343, received 0<—Portfast設定前のBPDU送出カウントをログに残しておく。(作業後に比較)

Debugコマンド(debug spanning-tree events)を実行後一時的にPC向けポートを再起動し、Portfast設定前のSTPイベントを確認する。

SW1#debug spanning-tree events (一部抜粋)
*Nov  5 16:25:56.495: set portid: VLAN0005 Et0/0: new port id 8001
*Nov  5 16:25:56.495: STP: VLAN0005 Et0/0 -> listening <—listening状態へ遷移している(Portfastが無効化されている)事を意味する
*Nov  5 16:26:11.497: STP: VLAN0005 Et0/0 -> learning<—learning状態へ遷移している(Portfastが無効化されている)事を意味する
*Nov  5 16:26:26.498: STP: VLAN0005 Et0/0 -> forwarding

【Portfast 検証】設定変更作業

以下の通り、Portfastを有効化します。

【設定コマンド】
SW1(config)#interface e0/0
SW1(config-if)#spanning-tree portfast

↓↓Portfastの設定をすると以下の警告(接続機器がSW等でないかメッセージ)が出力される。今回はPCなので無視でOK。
%Warning: portfast should only be enabled on ports connected to a single host.
 Connecting hubs, concentrators, switches, bridges, etc… to this interface when portfast is enabled, can cause temporary bridging loops.
 Use with CAUTION

%Portfast has been configured on Ethernet0/0 but will only have effect when the interface is in a non-trunking mode.

【Portfast 検証】正常性確認

要件通り設定変更がされているか確認します。

SW1設定確認

検証後の各機器の設定内容及び各種ログは以下の通りです。

SW1#show running-config interface e0/0interface Ethernet0/0
 switchport access vlan 5
 switchport mode access
 spanning-tree portfast<—Portfastの有効化を意味する
SW1#show spanning-tree vlan 5 | begin Interface
Interface           Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
——————- —- — ——— ——– ——————————–
Et0/0               Desg FWD 100       128.1    Shr Edge  <—「Shr Edge」=Portfastの有効化を意味する
SW1#show spanning-tree interface e0/0 detail | include BPDU
   BPDU: sent 360, received 0<—Portfast設定後のBPDU送出カウントを確認

〜〜数分後〜〜

SW1#show spanning-tree interface e0/0 detail | include BPDU
   BPDU: sent 398, received 0<—Portfast設定後のBPDU送出カウントがUPしている。(Portfastの設定だけだとBPDUの送出は停止しない)

Debugコマンド(debug spanning-tree events)を実行後一時的にPC向けポートを再起動し、Portfast設定後のSTPイベントを確認する。

SW1#debug spanning-tree events (一部抜粋)
*Nov  5 16:39:42.022: set portid: VLAN0005 Et0/0: new port id 8001
*Nov  5 16:39:42.022: STP: VLAN0005 Et0/0 ->jump to forwarding from blocking<—listening状態・learning状態がスキップされている事を確認

まとめ

いかがでしたでしょうか?

STPの設定変更方法について以下の点は理解しておきましょう!

▼Portfastの設定方法はコチラ!▼

・AccessPortの全ポートでportfastを有効化する場合(グローバルで有効化)

【設定コマンド】
SW(config)# spanning-tree portfast default

・各ポートでportfastを有効化する場合

【設定コマンド】
SW(config)# interface [インターフェース名&番号]
SW(config-if)# spanning-tree portfast

※本記事では「各ポートでportfastを有効化する場合」の検証内容を紹介しております。