ルートガード・ループガードの仕様・設定方法を解説

本記事ではスパニングツリープロトコル(STP)の拡張機能であるルートガード・ループガードについて解説いたします。

復習されたい方はコチラ!
本記事はSTPを理解されている前提の記事になっておりますので、STPに関して復習されたい人は以下の記事をご確認下さい。

ルートガードについて

ルートガード(Root Guard)とは新たに導入されたL2機器がルートブリッジになる事を防止する機能です。

ルートガードが設定されているポートで優先度の高いBPDU(プライオリティ値が小さいBPDU)を受信するとポートエラー(root-inconsistent 状態)へ遷移させ、通信出来なくさせる事により意図しないL2機器がルートブリッジになる事を防止します。

ポイント
「root-inconsistent 状態」は一時的に通信不可状態にするだけであり、優先度の高いBPDUを受信しなくなると自動的に回復してポートエラー状態は解消されます。また、ルートガードは「指定ポート」を強制する機能である点を理解しておきましょう!

ルートガードの必要性

ルートガードの仕様

【補足】BPDUガードとルートガードの相違点

BPDUガードとルートガードは非常に類義点が多いので、大きな違いを紹介いたします。
・「BPDUガード」はプライオリティ値に関わらずBPDUを受信するとポートエラー状態(err-disable)へ遷移します。
・「ルートガード」はプライオリティ値が小さいBPDU(ルートブリッジになろうとしているBPDU)を受信するとポートエラー状態(root-inconsistent)へ遷移します。つまり、プライオリティ値が大きいBPDUの受信は許可するという事です。

また、エラー状態(err-disable vs root-inconsistent)も異なりますので、エラー時の挙動や復旧方法も異なる点は理解しておきましょう!

ループガードについて

ループガード(Loop Guard)は片リンク障害や誤接続等によりブロッキングポートでBPDUを受信しなくなった際にL2ループの発生を防止する機能です。ループガードが設定されているポートでBPDUを受信しなかった場合ポートエラー(loop-inconsistent 状態)へ遷移させ、通信出来なくさせる事によりL2ループの発生を防止します。

ポイント
「loop-inconsistent 状態」は一時的に通信不可状態にするだけであり、再度BPDUを受信した場合自動的に回復してポートエラー状態は解消されます。また、ループガードはBPDUが受信出来ない時にルートポート・代替ポートが指定ポートへ遷移する事を防止する機能である点を理解しておきましょう!

ループガードの必要性

ループガードの仕様

ルートガードとループガードの併用について

上記に記載の通り、ルートガードは「指定ポートを強制する機能」、ループガードは「ルートポート・代替ポートが指定ポートへ遷移する事を防止する機能」である事から、ルートガードとループガードの機能は排他的な関係にあり、双方の機能を同時に有効化する事はできません。

設定方法

ルートガード・ループガードの設定方法は以下の通りです。

ルートガードの設定

ルートガードの有効化設定は以下と通りです。

【設定コマンド】
SW(config)# interface [インターフェース名&番号]
SW(config-if)# spanning-tree guard root

以下の記事にて、ルートガードに関する動作検証の結果を纏めております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

ループガードの設定

ループガードの有効化設定は以下の2パターンございます。

・L2機器全体でループガードを有効化する場合(グローバルで有効化)

【設定コマンド】
SW(config)# spanning-tree loopguard default

・各ポート単位でループガードを有効化する場合(各ポートで有効化)

【設定コマンド】
SW(config)# interface [インターフェース名&番号]
SW(config-if)# spanning-tree guard loop

以下の記事にて、ループガードに関する動作検証の結果を纏めております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ルートガード・ループガードについて以下の点は理解しておきましょう!

▼ルートガード・ループガードの基本▼

  • ルートガードは新たに導入されたL2機器がルートブリッジになる事を防止する機能
  • ループガードは片リンク障害等によりブロッキングポートでBPDUを受信しなくなった場合にL2ループの発生を防止する機能
  • ルートガード・ループガードの同時設定は不可