【厳選】CompTIA A+のテキスト・問題集を紹介!(独学可能)

CompTIA A+の取得を目指されている方の中には、

悩んでいる人

・どのテキストや問題集で勉強すれば良いの?

と、お悩みの方も多いのではないでしょうか?


本記事では私の実体験に基づきオススメのCompTIA A+の参考書をご紹介させて頂きます。

解決者

この記事は以下のような方にオススメです!
● CompTIA A+に合格したい人!
● CompTIA A+に対応した参考書を知りたい人!

CompTIA A+ 試験とは

まずCompTIA試験について簡潔にお伝えいたします。


CompTIA認定資格はIT業界団体のCompTIAが主催する試験であり、日本だけではなく全世界で広く認知されている有名なIT試験です。
米国国防総省では情報保証業務を担う担当者に対して「CompTIA認定資格の一部試験」の取得を必須化されるぐらい、信頼度の高い試験という特徴がございます!


その中でもCompTIA A+ は複数のIT端末(PC, ダブレット, Windows, IOS, )の知識やトラブルシューティング、各IT技術(ネットワーク、セキュリティ等)の知識知識を認定する試験であり、基本的なIT技術を身につける事が可能です!


また、本試験では「CompTIA A+ 220-1001・CompTIA A+ 220-1002」という2試験に合格する必要がございます。


尚、試験範囲は以下の通りです。

CompTIA A+(試験番号:220-1001)CompTIA A+(試験番号:220-1002)
モバイルデバイスオペレーティングシステム
ネットワーキングセキュリティ
ハードウェアソフトウェアのトラブルシューティング
仮想化とクラウドコンピューティング運用手順
ハードウェアとネットワークのトラブルシューティング



上記の通り、幅広い試験が問われますので、しっかりと対策を練る必要がありそうですね!


上記では「CompTIA A+」について紹介しましたが、
実はCompTIA認定試験は「A+」以外にも複数の専門試験がございます。
詳細は以下の通りです!


▼ CompTIAの一例 ▼

  • CompTIA IT Fundamentals : 学生・新入社員・IT未経験者向けの試験
  • CompTIA Server : サーバエンジニア向けの試験
  • CompTIA CTT+ : インストラクター向けの試験
  • CompTIA Network+ : ネットワークエンジニア向けの試験
  • CompTIA Security+ : セキュリティエンジニア向けの試験
  • CompTIA Cloud+ : クラウドエンジニア向けの試験
  • CompTIA Linux+ : Linuxシステムの管理者向けの試験
  • CompTIA Project+ : サーバエンジニア向けの試験



尚、CompTIA Security+、Network+、Cloud+に関する詳細は、以下の記事で纏めております。
気になる方はご覧ください!

CompTIA A+に対応したテキスト・問題集

では、「CompTIA A+に対応したテキスト・問題集」をご紹介させて頂きます。


CompTIA A+に対応したテキスト・問題集は複数ございますが、
資格の学校で有名なTAC社の参考書を利用するのが非常にオススメです!


筆者はCompTIA系の認定を複数保持しておりますが、全てTAC社の参考書にて学習し一発合格しております。


CompTIA A+に対応したTAC社の教材は以下の通りです。

▼ CompTIA A+に対応した教材 ▼

  1. 【教科書】A+ テキスト 220‐901対応 /220‐902対応 (実務で役立つIT資格CompTIAシリーズ)
  2. 【問題集】A+ 問題集 220‐901対応 /220‐902対応 (実務で役立つIT資格CompTIAシリーズ)



では、次章にて1〜2の参考書について詳細を紹介いたします!

【CompTIA A+ 参考書】A+ テキスト 220‐901対応 /220‐902対応

では、「A+ テキスト 220‐901対応 /220‐902対応」を紹介させて頂きます。


本参考書はCompTIA A+試験に特化した教科書です。


各試験範囲(220‐901対応 /220‐902対応)毎に参考書が分かれており、各ITデバイスやハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、仮想化、セキュリティ、運用(トラブルシューティング)などの知識を基礎から体系的に学習する事が可能です。


初心者にも分かるように図解を交えながら解説されているので、基礎固めをしたい人にもオススメです!


もちろん、本参考書は試験範囲を網羅されておりますので、CompTIA A+に合格したい方は必須の参考書ですね!


以下のアマゾンリンクから本書の内容の詳細(価格/評価等)が確認出来ますので、ぜひ確認してみて下さいね!
▼ CompTIA A+の教科書(テキスト)はこちら! ▼


※2021/1時点では「A+ テキスト 220‐901対応のテキスト」は在庫切れのようです。


また、目次を引用しておりますので、ご確認下さい。

第1章 Windows OS(OSの役割;Windowsのインターフェース;Windowsの設定;パーティションとファイルシステム;インストール/アップグレード;起動プロセス;Windowsの管理;Windowsのトラブルシューティングツール;Windowsネットワークと仮想化)

第2章 その他のOSとテクノロジー(Mac OSとLinux;クラウドと仮想化;モバイルOS)

第3章 セキュリティ(さまざまな脅威;セキュリティ対策)

第4章 ソフトウェアトラブルシューティング(ソフトウェアトラブルシューティングの手順;OSのトラブルシューティング;セキュリティのトラブルシューティング;モバイルOSとアプリケーションのトラブルシューティング)

第5章 運用手順(安全管理と環境問題;顧客対応)


【CompTIA A+ 参考書】A+ 問題集 220‐901対応 /220‐902対応


では、「A+ 問題集 220‐901対応 /220‐902対応」を紹介させて頂きます。


本参考書はCompTIA A+試験に特化した問題集です。


問題集も各試験範囲(220‐901対応 /220‐902対応)毎に参考書が分かれており、上記で紹介した「CompTIA A+の教科書」で学習した内容を問題を通して理解度を深める事ができます。
IT初心者であっても、問題の解説が非常に丁寧なので、しっかりサーバの知識を身につける事が可能です!


もちろん、本参考書は試験範囲を網羅されておりますし、本試験の問題の傾向などを把握する事も可能ですね!


以下のアマゾンリンクから本書の内容の詳細(価格/評価等)が確認出来ますので、ぜひ確認してみて下さいね!
▼ CompTIA A+ 問題集 220‐901対応の問題集はこちら! ▼


▼ CompTIA A+ 問題集 220‐902対応の問題集はこちら! ▼



CompTIA A+は非常に有益な試験の1つですので、ぜひチャレンジしてみて下さい!!


また、他の資格にもご興味がある方は以下の記事をご確認頂く事もオススメです!

まとめ


最後までお読み頂きましてありがとうございます。


現在日本ではITエンジニア不足が深刻化しております。
本試験ではITスキルの基礎を身につける事が可能ですので、ITエンジニアとしての最初の一歩を踏み出す事が可能です!


この機会にCompTIA A+にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?